Storyteller

Storytellerでのカメラ設定方法

Storytellerで、ビデオ、オーディオ、ライティング、GPSなどのカメラの設定をしたり、各撮影モードでの平均録画時間などの情報を確認できます。
「カメラの設定」はお使いのContourカメラの機種によって、設定出来る内容や各項目の初期値は異なります。
下記より、お使いのContourカメラを選択し、各種設定をご確認ください。

Contour+のカメラ設定

01-01
step01

ContourカメラをPCに接続し、
Storytellerメニュー>ツール>カメラの設定 を選択します。Contour+のカメラの設定画面が開きます。

01-01
step02

歯車のアイコンをクリックする事でもカメラの設定画面を開く事が出来ます。

カメラの設定画面解説(Contour+の場合)

Contour+のカメラ設定では、グローバルカメラ設定、ポジション設定、ビデオ設定、オーディオ設定、ライティング設定、GPS設定が可能です。
ビデオ設定、オーディオ設定、ライティング設定、GPS設定はタブメニューを切り替える事で設定を行います。

● メイン画面(Contour+の場合)

カメラの設定を選択すると、最初に表示される画面です。(クリックで拡大)

contourP_カメラ設定メインイメージ
1メモリー、ファームウェア、自動更新
Contourカメラに挿入されているメモリーカードのメモリーの使用可能容量、ファームウェアのバージョンを表示します。
2グローバルカメラ設定
この設定はカメラ全体に影響します。
3ポジション設定
Contourカメラのポジション1、ポジション2に撮影時の個別の設定が行えます。
4メニュー切り替えタブ
    (ビデオ/オーディオ/ライティング/GPS)
それぞれのタブを選択する事で、各種設定が行えます。
5初期値に戻す
各種設定を、初期値に戻します。
6保存/キャンセル
設定した内容を保存/キャンセル します。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● グローバルカメラ設定(Contour+の場合)

グローバルカメラ設定
カメラ名
お使いのカメラの機種(名前)を表示します。カメラ名の変更も可能です。
フレームレート
日本国内でContourカメラを使用する場合は「30/60fps」に設定しておいてください。
自動電源オフ
カメラが使用されていない時、電源が切れるまでの時間を設定します。
AssistNow
カメラの前回の更新日時を表示します。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● ポジション(Contour+の場合)

ポジション

ポジション1・ポジション2の設定を行います。各ポジションにお好みの設定を保存できます。
このポジション1・ポジション2とは、Contourカメラの背面にあるスイッチの事を指します。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● ビデオ(Contour+の場合)

ビデオでは「モード」「画質」「ホワイトバランス」を設定できます。(画面は初期設定値です)
また、電池の寿命、平均録画時間、解像度、画角などの情報を表示します。>>>平均録画時間についてはコチラをご参照ください(PDF)

ビデオ設定画面
モード
撮影モードを選択します。連続写真では、何秒か事に写真を撮影します。
写真撮影の間隔
連続写真モードにした時の写真撮影の間隔を設定します。
画質
映像の画質(映像の美しさ)を選択します。
ホワイトバランス
映像の白色が白く映るように色のバランスを調整します。2800K~10000Kまで、数値が低いほど赤みが増し、数値が大きいほど青みが増します。 状況に応じて切り替えてください。「自動」に設定すると、様々な光源に対して自動的に白バランスを調整します。
電池の寿命
現在選択している「モード」、「画質」での電池の持ち具合を表示します。
リアルタイムの情報ではなく、それぞれの撮影モードでの一般的な目安です。
平均録画時間
現在選択している「モード」、「画質」で録画した場合の平均的な録画時間を表示します。
録画時間は目安であり、使用環境や条件によって異なります。
解像度
撮影するムービーの解像度です。選択したモードによって変化します。大きなサイズで撮影すると、その分ファイルサイズが大きくなります。
ビットレート
1秒間に転送されるデータ量。選択した品質によって変化します。
多い方が画質がきれいですが、その分、ファイルサイズが大きくなります。
フレームレート
1秒間のコマ数。選択したモードによって変化します。動きが早い映像は60FPS(フレーム/秒)がおすすめです。
アスペクト比
画面の縦と横の比率を示します。「16:9」は横16に対し縦9の意味です。
画角
カメラのレンズを中心にどれくらいの角度まで撮影可能かを示します。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● オーディオ(Contour+の場合)

オーディオでは、「マイクの感度」「外部マイクの感度」「カメラのビープ音」の設定を行います。(画面は初期設定値です)

オーディオ設定画面
マイクの感度
スライダーをドラッグして、マイク感度を調整します。
左から右にかけて、マイクの感度が高くなり、小さな音でも録音するようになります。
風切り音などが気になる場合は、マイクの感度を下げてください。
外部マイクの感度
スライダーをドラッグして、外部マイク端子に接続したマイクの感度を調整します。 左から右にかけて、マイクの感度が高くなり、小さな音でも録音するようになります。風切り音などが気になる場合は、マイクの感度を下げてください。
カメラのビープ音
オン/オフいずれかをクリックし、ビープ音の設定を行います。
オフにすると、カメラの各操作が完了した旨を知らせるビープ音が鳴らなくなります。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● ライティング(Contour+の場合)

ライティングでは、「測光」「状態」の設定を行います。(画面は初期設定値です)

ライティング設定画面

測光カメラが周囲の明るさをどのように判断するかを指定します。

中央
画面中央部の明るさを元に露出を計算します。
平均
画面全体を平均した明るさを元に露出を計算します。
スポット
画面中央のごく一部分の明るさを元に露出を計算します。

状態Contourカメラをご使用になる環境状態を選択します。

毎日屋外
常に屋外で使用する場合に選択します。
夕刻
夕暮れ時など暗い場合に選択します。
マニュアル設定
オリジナルの設定を行う場合に選択します。各項目の説明は次項の通りです。
コントラスト
映像のコントラストを調整します。スライダーを右に移動させるとコントラストが高くなり、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く描写されます。
シャープネス
映像の鮮明さを調整します。スライダーを右に移動させると、シャープネスが高くメリハリのある映像になり、輪郭が強調された映像になります。
露出
映像の明るさを調整します。スライダーを左から右に移動させると明るい映像になります。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

● GPS(Contour+の場合)

GPS設定画面
電源
電源を切り替えることで、GPS機能のオン/オフを設定することができます。
キャプチャレート
キャプチャレートを設定することで、GPSが電波を受信する回数を設定することができます。

↑カメラの設定画面解説メニューへ

こちらのマニュアルは 「 Storyteller Software Version 3.6.0 」 を元に作成しております。

pagetop