ソフトウェア

■ 各種ファームウェア、Storytellerについてご紹介いたします。

ContourHD 1080p ファームウェアアップグレード

更新日:2011年2月9日 | ファームウェアバージョン: 1.18

本ファームウェアのアップグレードは、ContourHD1080カメラの720pモードで撮影する際にわずかに垂直方向のずれが起こる問題を修正しています。

NOTE:このファームウェアアップグレードは[ContourHD 1080p](型番#1319)専用です。[ContourHD]のものではありません。ご注意ください。

次の手順に従って慎重に作業を進めてください。

ファームウェアをアップグレードする前に、手順に従わずに操作をすると、お使いのカメラが使用できなくなる可能性があります。

※ファームウェアのアップグレードは自己責任で行ってください。

※ファームウェアのアップグレード有償サービスを始めました。
作業費用:3,240円(税込)
送料:お客様から弊社へはお客様ご負担(元払い)・弊社からお客様へは弊社負担
まずは、こちらよりお問い合わせください。

Part 1:ファームウェアのダウンロード

  1. お使いのContourカメラにフォーマット済みのmicroSDカードを挿入します。
    ※microSDカードのフォーマット方法についてはこちらのページを参照ください。
  2. バッテリーが十分に充電されていることを確認し、カメラの電源を入れてください。
  3. お使いのカメラとパソコンをUSBケーブルで接続して下さい。
  4. ContourHD 1080p用ファームウェアをダウンロードしてください。
  5. ダウンロードしたファイルを解凍し、「contourhd_1080.bin」ファイルをmicroSDカードの一番上の階層にコピーしてください。
    Windows
    Windows操作方法
    Mac
    Mac操作
  6. カメラをコンピューターから取り外し、USBケーブルを抜いてください。

Part 2: ファームウェアのアップグレード

ファームウェアをアップグレードしている間、カメラ本体の充電が切れたり、カメラの電源を切ったり、あるいは途中でmicroSDカードを抜いたりすると、カメラに致命的な損傷を与え、操作ができなくなる可能性があります。

  1. バッテリーが十分に充電されていることを確認してください。
  2. アップグレード中には背面ドアをあけたままカメラを動かさないでください。急な移動によって、バッテリーが外れてしまう可能性があります。
  1. 背面ドアを開け、小さな四角のボタンを1度押して、カメラの電源を入れます。(microSDカードスロットとバッテリースロットの間にあります)

     

  2. ファームウェアのアップグレード時、アップグレードが完了するまで、背面のLEDが赤く点滅します。LEDが点滅している間は、電源を切ったり、microSDカードを取り外したりしないでください。
  3. 背面LEDがグリーンに変わればファームウェアのアップグレードは完了です。通常、更新プログラムは30秒以内で完了します。
  4. 【この手順は非常に重要です!】電源ボタンを押さずに、microSDカードの端を奥に押し込んで取り外してください。
    万が一、誤って電源ボタンを押してしまった場合は、60秒以上待ってからファームウェアのアップグレードを再開してください。

    NOTE:カメラがアップグレードモードのときに電源ボタンを押したままにしておくとファームウェアのアップグレードが再起動されます。

  5. microSDカードを挿入してください。

Part 3:ファームウェアファイルを削除する

  1. カメラの電源を入れない状態で、再度、USBケーブルでコンピューターと接続してください。
  2. microSDカード内にある「contourhd_1080.bin」ファイルを削除してください。
  3. Contourカメラを取り外し、電源を入れてください。これでお使いのContourカメラのファームウェアがアップグレードされました。

ファームウェアのバージョンを確認する

  1. Contourカメラをコンピューターに接続します。
  2. Storytellerを起動し、[Tools]メニュー→[Configure Camera]の順にクリックします。
  3. 「Camera」タブに切り替えるとファームウェアのバージョンが確認できます。
pagetop