サポート

商品保証について

保証書・延長保証書・販売店発行の購入明細書(レシート、領収書等)の各種書類は 大切に保管してください。
各種書類がそろっていない場合は、保証期間内でかつ保証 条件を満たしている場合でも保証はいたしかねますのでご注意ください。
保証条件等詳しくは各製品に記載の内容を必ずご確認ください。
Contour製品の保証期間は以下になります。
Contour製品(一部製品を除く)・・・・180日。
Contour+2(#1719)・・・・1年。
Contour+2(#1719A)・・・・2年(メーカー保証1年+延長保証1年)
ContourROAM2(#1819K・#1819RD・#1819BU)・・・1年。
ContourROAM3(#1904)・・・1年。


お問い合わせ

いつもContourをご愛用いただき誠にありがとうございます。Contour販売店・代理店のお客様は、下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。
Contour Inc.国内正規品に関する修理及びテクニカルサポートにつきましては、美貴本サポートセンターへお問い合わせください。

カスタマーセンター

Contour販売店・代理店のお客様は
下記のお問い合わせボタンより
お問い合わせください。

お問い合わせボタン

各種マニュアルダウンロード

Contourのユーザーマニュアルをダウンロードして頂けます。

+2マニュアル

ユーザーマニュアル
PDF 約3.6MB

+2マニュアル

ユーザーマニュアル
PDF 約3.6MB

+2マニュアル

ユーザーマニュアル
PDF 約1.2MB

+2マニュアル

ユーザーマニュアル
PDF 約2.22MB

+2マニュアル

ユーザーマニュアル
PDF 約1.47MB

FAQ

よくある質問を以下にまとめました。対象となる質問内容をクリックすると、下部に回答が表示されます。

Contourカメラの基本操作について

  • Q01. 何も録画されてないのですがなぜでしょう?(Mac)

    Macをお使いで、録画スイッチを入れたときにContourカメラ本体の録画LEDがグリーンに点灯している場合は、簡単に直すことができます。

    この問題は、カメラ本体をMacにマウント時、カメラ本体からファイルを削除後、ゴミ箱を空にしていないときにしばしば発生する現象です。 Macでは、SDカードの中にあるファイルをゴミ箱に入れてフォルダ内が空になったように見えても、OS内では「削除されたファイル」という認識がされるだけで、 ファイルそのものはまだ残っています。そのため、メモリカードの空き容量がなくなり、録画されないということが起きるのです。

    これは、Macにおいてのみ起こる現象で、Macに接続できるすべてのリムーバブルメディアにおいて起こりうる問題であり、本製品特有の問題ではありません。

    以下の手順で問題を解決できます。

    1. お使いのContourカメラをUSBケーブルでMacと接続します。
    2. Contourカメラがマウントされたら、フォルダを開き、[DCIM]フォルダ内の[100MEDIA]フォルダを開いてください。
    3. MicroSDカード内に削除したいファイルが残っている場合は、ゴミ箱にドラッグしてください。
      すでに不要なムービーファイルを削除している場合は、このステップは飛ばしてください。
    4. ここが重要なポイントです。Contourカメラをマウントしたまま、ゴミ箱を空にしてください。 ゴミ箱を空にしないと、SDカード内にファイルが残ったままになります。

    万が一、これらの手順を実行後も録画に問題があるようでしたら、お買い求め販売店までご連絡ください。

  • Q02. ContourHD 1080pに同梱のフラットサーフェイスマウントの取り付けかたがよく分かりません。

    ご購入いただいた時点では、カメラとマウントベースを取り付ける為の取り付け部品(マニュアルの(A)で示す部品。以下(A)部品)と マウントベース部分が付いている状態になっています。

    その状態でヘルメット等に取り付けてから、カメラのレールを(A)部品に奥までしっかり押し込みます。

    マウントベースとカメラを持ちながら外すと、カメラに(A)部品が付いた状態で簡単に外れます。

    最適な角度位置に合わせて、再度マウントベースに押し込んで取り付けてください。

  • Q03. Contourカメラで使用できるメモリカードはどれですか?

    Contourカメラでは、映像の記録にmicroSDカードを使用することで、カメラ本体の小型化を実現しています。 製品をご購入していただくと、2GBのmicroSDカードが付属していますが、別途メモリカードをご購入いただければ、最大32GB(※)のmicroSDカードに対応しています。

    Contourカメラは多くのmicroSDカードに対応していますが、すべてのmicroSDカードへの対応を保証するわけではありません。
    現在、弊社でContourHD1080pでの動作テストをしたmicroSDカードを以下に記載します。
    テストは1080pモード、960pモードで、1分以内のショートムービーと、45分以上のロングムービーを録画したものです。
    (※)ContourHD1080pにつきましては、Q31もご参照ください。
    【ご注意】UHS-1仕様のmicroSDは使用できません。

    SD Card Class Capacity
    Generic MicroSD Class 4 8GB
    SanDisk MicroSD Class 2 8GB
    Centon MicroSD HC Class 2 16GB
    Transcend MicroSD Class 6 6GB
    Kingston MicroSD HC Class 4 8GB
    SanDisk MicroSD HC Class 2 16GB
    MaxFlash MicroSD Class 2 1GB
    MaxFlash MicroSD Class 2 2GB
    MaxFlash MicroSD Class 4 4GB
    MaxFlash MicroSD Class 4 8GB
    MaxFlash MicroSD Class 2 16GB
  • Q04. メモリカードには平均どれくらいの時間、映像を記録できますか?

    Contourカメラでの録画時間は、どの解像度で撮影するかによって異なります。 また、撮影時の気温や、メモリカードの劣化具合、ビットレートの設定によっても変化します。

    以下に、弊社で計測したそれぞれのモードでの平均撮影時間を掲載します。※撮影時間は目安です。

    以下のリンク先を参照してください。

    撮影解像度+録画時間一覧表

  • Q05. Contourカメラは音声は記録できますか?

    Contourカメラは、本体に音声録音用のマイクを内蔵しています。Contour+、Contour+2は外部マイクを接続することが可能です。
    Storytellerを使えば、マイク感度を調整することができます。撮影した映像の風切り音がひどい場合は、マイク感度のレベルを下げることをお勧めします。

  • Q06. ゴーグルストラップマウントはどうやって使えばいいのですか?マウント部をベース部のどこにあわせればよいのですか?

    ご購入いただいた時点では、カメラとマウントベースを取り付ける為の取り付け部品(マニュアルの(A)で示す部品。以下(A)部品)は、 フラットサーフェイスマウントのマウントベースに付いた状態ですので、まずは(A)部品をマウントベースから外します。

    マウントベースに(A)部品が付いた状態のまま、カメラのレールに奥までしっかりと押し込みます。

    その状態で、マウントベースとカメラを持ちながら外すと、カメラに(A)部品が付いた状態で簡単に外れます。 後はマニュアルに記載の通りゴーグルストラップに取り付けます。

  • Q07. 充電池はどのくらいの時間持ちますか?

    機種によって違いがありますが、ContourGPSの場合は満充電状態で最大2.5時間撮影することができます。 但し、バッテリーの駆動時間は、気温や撮影解像度、ビットレート、充電池そのものの劣化具合によって変化します。

  • Q08. ContourカメラはWindowsでもMacでも使えますか?

    ContourカメラとStorytellerは、MacでもWindowsでも使用できます。お使いのコンピューターにUSBで接続すると、 Contourカメラは標準的なUSBデバイスとして認識されます。 Storytellerを使うと、撮影した映像をPCにインポートし、映像の管理、クリッピングなどを行うことができます。

  • Q09. 私のコンピューターでHDビデオを再生できますか?

    HD映像は美しいですが、すべてのコンピューターで滑らかに再生できるわけではありません。 もし、お使いのコンピューターでコマ落ちが発生しても、カメラの故障ではありません。お使いのコンピューターでは、 HDビデオを再生するスペックが不足しているのが原因です。起動している他のアプリケーションがあれば、すべて終了してください。 今後の撮影のために、あらかじめ低解像度や低いビットレートに設定しておきましょう。
    また、お使いのコンピューターのグラフィックカードのアップグレード、メモリの増設を行うことで、HDビデオの再生に適した環境になります。

    <<< こちらのサンプルムービーを再生してご確認ください。

  • Q10. 1080pのビデオ映像を再生するのに最低限必要なコンピューターのスペックは?

    ビデオ品質の観点から1080と960pのはともに大きな魅力です。このすばらしく高品質な映像は、 SDフォーマットに比べてはるかに多いデータ量をキャプチャすることで表現されます。お使いのコンピューターが、効果的にかつ迅速に 大量のデータを処理するのに必要なスペックを満たしていない場合、これらのデータ量の多い映像フォーマットの再生や編集は問題となり得ます。 スペック不足のコンピューターは、結果として、HDビデオの再生が途切れてしまいます。

    弊社では、1080pのビデオ映像の再生に必要なコンピューターの動作環境を決定するためにいくつかのテストを行っております。 再生テストはデスクトップコンピューターで行いました。ノートパソコンでのテスト結果も似たものになると思われます。 再生プレイヤーとして、Quicktime7を使用し、再生テスト中は他のアプリケーションは起動しておりません。

    <<< こちらのサンプルムービーを再生してご確認ください。

    最低動作環境

    ○Windows XP
    ・3.2 GHz シングルコアCPU
    ・4 GB DDR2 800Mhz RAM
    ・512 MB +VRAM w/a 解像度 1920X1080以上
    ○ Windows Home Vista
    ・2.8 GHz デュアルコアCPU
    ・4 GB DDR2 1033Mhz RAM
    ・512 MB +VRAM w/a 解像度 1920X1080以上

    推奨動作環境

    ○Windows XP
    ・3.2 GHz デュアルコアCPU
    ・4 GB DDR2 1366Mhz RAM

    推奨動作環境

    ○Windows Home Vista
    ・2.66 GHz クアッドコア (i5以上)
    ・4 GB DDR2 1033 or 1366/DDR3 16003Mhz RAM
    ・1 GB +VRAM w/a 解像度 1920X1080以上

    上記動作環境のテストは、1080p解像度の映像の再生動作を基にしています。 1080p解像度の映像編集の動作については、映像編集ソフトによって大きく異なります。

    Contourカメラをより快適に使用するためにお使いのコンピューターをアップグレードしようとお考えの場合、 お使いのコンピューターのマザーボードで使用できるパーツかどうか、販売店員によく相談して選んでください。 例えば、古いマザーボードの中には、1GB以上のメモリをつんだDDR2/DDR3メモリーやグラフィックカードはサポートされていない場合があります。

  • Q11. Contourカメラは防水仕様なのですか?

    ContourROAM/ROAM2カメラは、防水仕様(IPX7相当)です。ContoruROAM3は本体防水10M。
    それ以外のContourカメラではありませんので雨天、降雪中、海岸、水辺など水がかかりやすいところで使う時は、濡らさないようにご使用下さい。
    ContourROAM/ROAM2をご利用中のお客様は、ウォータースポーツでContourカメラをお使いの場合は、ウィンドサーフィンやシュノーケリング、カヤック、ウェイクボード、水上スキー、ラフティングなどの ウォータースポーツのシーンに最適なアクセサリーの防水ケース(別売)をお薦めします。
    現在、ContourROAM3に関しまして、防水ケースのお取り扱いはございません。

  • Q12. Storytellerの操作方法がわかりません。

    Storytellerは、PCやMacに接続したContourカメラから撮影した映像を取り込んだり編集したり、オンラインに公開するためのソフトウェアです。
    詳しい使用方法については、こちらのページを参照してください。

  • Q13. Contourカメラをリセットするにはどうしたらいいですか?

    ROAMは、カメラ本体のリセットボタンをクリックします。1080p/GPS/+は以下の手順でカメラをリセットして下さい。

    1. Contourカメラの裏ブタを開け、バッテリーを取り外します。
    2. そのまま5分間置いておくとカメラが自動的にリセットされます。
    3. カメラ本体からマイクロSDカードを抜き取ります。
    4. バッテリーを挿入し、裏ブタを閉じます。
    5. カメラの電源をオンにするとビープ音が3回鳴ります。
    6. 電源をオフにし、裏ブタを開け、マイクロSDカードを挿入します。

  • Q14. ファームウェアをアップグレードにするには?

    ContourHD 1080p・・・こちらのページを参照してください。

    Contour GPS・・・・こちらのページを参照してください。

    Contour +・・・・こちらのページを参照してください。

    Contour ROAM・・・・こちらのページを参照してください。

  • Q15. Storytellerでムービーが再生うまくできないのですが?

    原因としてはいくつか考えられます。ContourカメラでHD撮影されたムービーは、 ファイルサイズも大きく、なめらかに再生するにはグラフィック性能が求められます。 詳しくは『Q14.1080pのビデオ映像を再生するのに最低限必要なコンピューターのスペックは?』をごらんください。

    <<< こちらのサンプルムービーを再生してご確認ください。

  • Q16. 充電はPCからでしかできないのでしょうか?

    別売のカーチャージャー(販売終了)や、市販のUSB ACアダプター(5V 1A以下)でも充電いただけます。ただし、出力が5V以上の市販のACアダプターを使用された場合、contourが故障する恐れがあります。出来る限り、パソコンでの充電をお勧めいたします。

  • Q17. ContourGPSで録画/Bluetooth動作LEDが点滅したままです。/ Contour+2でGPS LEDが点滅したままです。

    GPSデータがロックされていない状態です。この状態が続くと、GPSモジュールが人工衛星を探す際にバッテリーを使いきってしまい、 バッテリーが非常に早く消費されることがあります。正常に動作すれば、3-5分、最大でも10分程度で位置情報を固定します。
    10分以上経過してもグリーンライトが点滅しGPSがロックされない場合、カメラからバッテリーを数分間、取り外してみてください。 また、カメラのGPSは本体が水平で、スライドスイッチが上方向を向いたときに最も効果的になります。 もし、あなたがビル街の谷間にいるなら、カメラを頭上に掲げるか、水平方向にある障害を取り除いてください。 GPSデータを取得する障害になります。
    位置情報の取得機能を高めるポイント:
    + 屋外に出る。GPS は屋内や頭上に遮蔽物のある環境ではうまく機能しません。
    + 高層建造物や断崖など、空や地平線をさえぎる物を避ける。
    + 衛星信号が乱反射するような天然または人工の谷状の地形を避ける。
    + 葉が繁った木の下は避ける。
    + 位置情報が確定するまでカメラの位置を変えない。
    + カメラの録画スイッチ周辺 (GPS アンテナのある箇所) が衣類や他の機器、ユーザーの体などで隠れないようにする。
    + カメラのアンテナを妨害するような電子ノイズを発する機器が周囲にないことを確かめる。

  • Q18. StorytellerでGPSの情報がでません。

    ムービーを撮影する際、GPSデータが取得できていない可能性があります。 まず、地図情報を見るためには、GPSデータと一緒にビデオを再生する必要があります。 録画前、あるいは録画中に、カメラがGPSデータを記録していなければなりません。 次に、ムービー再生時に、GoogleMap上にGPSデータを重ねた映像を見るためには、「map View」ボタンを押します。

  • Q19. GPSデータはStorytellerでしか見ることができないのでしょうか?

    GPSトラッキングデータは、NMEAフォーマットで.Movファイルに直接組み込まれています。 Storytellerを使用すれば、GPSデータだけを出力することができます。

    1. 出力したいGPSデータを含む動画を選択します。
    2. [ファイル]メニュー→[エクスポート]→[GPSデータをエクスポート]の順にクリックします。
    3. 「名前をつけて保存」欄に保存するファイル名を入力します。拡張子も含めて入力して下さい。
    4. 「場所」欄にファイルの保存場所を設定します。[参照]ボタンをクリックして保存場所を指定してください。
    5. 「フォーマットを選択」欄で出力するGPSデータのファイル形式を設定します。
     ・CSV(comma deliminated,plain text)・・・CSVデータ:コンマ区切りのデータです。表計算ソフトで利用できます。拡張子は「.csv」です。
     ・GPX(GPS Exchange Format)・・・GPXデータ:GPSの交換用標準フォーマットです。拡張子は「.gpx」です。
     ・Text(human readable text format)・・・テキストデータ:テキストファイルで閲覧しやすいフォーマットです。拡張子は「.txt」です。
    6. [エクスポート!]ボタンをクリックすると、指定場所にファイルが出力されます。

  • Q20. ゴーグルストラップマウントは何mmまでのバンドが通りますか?

    42mm以下のバンドに装着可能です

  • Q21. バイクマウント(販売終了)とXLバイクマウントの取付範囲径を教えてください。

    バイクマウント(販売終了):19mm~29mm
    XLバイクマウント:15mm~33mm
    XLバイクマウントの上部にはContourカメラを取り付ける平らなプレートが付いており、そこに取り付けてビデオ撮影します。 直径15mm~33mmのバーに取り付け可能です。上部プレートは水平方向に360度回転し、回転台は垂直方向に90度回転します。

  • Q22. ズーム機能は付いていますか?

    いいえ、Contourカメラは固定レンズです。ズーム機能は付いておりません。 別売りのレンズ交換キットに付属の拡張リングを使用すると、レンズ径37mmと43mmのレンズフィルターを使用することができ、 一般的なビデオカメラに使用されているテレコンバージョンレンズなどを使用することができます。

  • Q23. 魚眼レンズはついていますか?

    いいえ、Contourカメラには魚眼レンズは同梱されておりません。 ContourHD 1080p/GPSの場合は、別売りのレンズ交換キット(販売終了)に付属の拡張リングを使用すると、レンズ径37mmと43mmのレンズフィルターを 使用することができ、一般的なビデオカメラに使用されているワイドコンバージョンレンズや魚眼レンズなどを使用することができます。

  • Q24. PCとつないだ状態で録画はできますか?

    ContourカメラとPCを付属のUSBケーブルで接続すると、PC側はContourカメラをリムーバブルメディアと認識されますのでカメラの操作はできません。

  • Q25. WEBカメラとして使えますか?

    いいえ。ContourカメラはPCとつないだ状態ではカメラとして使用することはできません。

  • Q26. Storyteller以外でムービーを再生する方法を教えてください。

    Storytellerを使わずにムービーを再生する方法について解説します。

    1. お使いのPCにContourカメラを接続すると、 外付けHDDなどと同じように外部デバイスとして表示されますので録画したムービーファイルをマイクロSDカードからコピーします。

    【QuickTime Playerで再生する方法】
    2. お使いのPCにQuicktime Playerがインストールされていれば、QuickTime Playerを起動し、 [ファイル]メニュー→[ファイルを開く]の順にクリックし、対象ファイルを開きます。
    3. 再生ボタンをクリックすると、再生が始まります。

    【Windows Media Playerで再生する場合】
    2. Windows Media Playerを起動し、[Alt]キーを押します。[ファイル]メニュー→[開く]の順にクリックし、対象ファイルを開きます。
    3. ファイルが開くと、自動的に再生が始まります。
    4. 次回以降もWindwos Media Playerを使用する場合は、.Movファイルを右クリックし、 「プログラムから開く」→「既定のプログラムの選択」の順にクリックします。 推奨されたプログラムから目的のプログラムを選択し、「この種類のファイルを開くときは、 選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。 その後は、.Movファイルをダブルクリックすると、選択したプログラムが自動的に起動します。 ※コーデックがインストールされていない場合は再生できない場合があります。

  • Q27. Storyteller以外でムービーを編集する方法を教えてください。

    .Movファイルが扱える編集ソフトであれば、問題なく編集できます。 Premiere Elements、iMovie、VideoStudioなどが、比較的安価でよく使われているソフトです。 操作方法については、それぞれのソフトのマニュアルをご参照ください。 また、ContourGPSで撮影されたGPSデータ付のムービーについては、映像の編集は可能ですが、 GPSデータの編集には対応しておりません。ご了承ください。

  • Q28. 撮影したムービーを現場でスマートフォンなどを利用して確認する方法はありませんか?

    録画したmicroSDカードをAndroid携帯などで読み込むことはできるかもしれません。 ですが、現在、フルHD映像を再生できるスマートフォンがないため、実際に再生できるかどうかは不明です。 確認するだけであれば、現場にノートパソコンを持ち込んで確認する方法が確実です。

  • Q29. microSDカードのフォーマットの方法

    ※microSDカードを再フォーマットする前にカード内のビデオファイルをハードディスク等に保存してください。 フォーマットするとカード内のファイルは全て削除されます。

    【ContourHD 1080p】
    Windowsでフォーマットする場合:
    1. microSDカードをPCに挿入します。
    2.「スタート」メニューの「コンピュータ」(Xpの場合「マイ コンピュータ」)をクリックします。
    3. 表示された画面に挿入しているmicroSDカードが表示されていますので、それを右クリックして「フォーマット」メニューを選択します。
    4. ファイルシステム部分は「FAT32」を選択して、「クイックフォーマット」をチェックして、「開始」ボタンを押します。

    macでフォーマットする場合:
    1.「ディスクユーティリティ」(「アプリケーション」の「ユーティリティ」フォルダにあります)を実行します。
    2. SDカードドライブを選択します。
    3. MSDOS FATを選び、消去ボタンをクリックしてフォーマットします。

    【ContourGPS】
    1. カメラの電源を切ります。
    2. microSDカードをカメラから取り除いてください。
    3. microSDカードを抜いた状態でカメラの電源を入れます。ビープ音が3回なって、 メモリ動作LEDと録画動作LEDが赤黄色に点滅します。
    4. カメラの電源が入った状態でmicroSDmicroSDカードを挿入してください。
    5. ペン先等で「メモリカード初期化ボタンを押し込み、フォーマットが完了したらビープ音が1回鳴りますので、ビープ音が鳴ってからボタンを離します。
    6. 3~5秒の間パワーボタンを押し続けてカメラの電源を切ります。
    7. カメラの電源を入れますと、通常の撮影できる状態で起動します。

    ※その他の機種についてはマニュアルをご覧ください。

  • Q30. 新しく購入したmicroSDカードを挿しても、録画できない場合

    microSD32GBまで対応しております。
    正しく録画されない場合は、のmicroSDカードのフォーマットをお試しください。

  • Q31. ContourHD 1080pで32GB microSDカードを使用した場合、状態の確認等でメモリ動作LEDが赤に点灯するのですが。

    現状の仕様では赤に点灯しますが、映像は正常に録画されます。

  • Q32. ファイルサイズが4GB以上になる映像を撮影した場合、ファイルはどのように記録されますか。

    FAT32でフォーマットされたmicroSDは、1ファイルのサイズが最大4GBですので、連続撮影した場合、 自動的に4GB以下の複数のファイルに分割して記録されます。

  • Q33. ContourROAMをMac Book ProにUSB接続しても認識しないのですが。

    2012年12月現在では、USB3.0のみ対応のMac Book Proでは認識しません。 最新のファームウェアにアップデートすることで対応できます。
    また、回避策としては、USBハブを介すと認識する場合がございます。

  • Q34. ContourROAMで撮影したファイル名の番号を"1"からに戻す(リセット)ことはできますか。

    以下の手順で"1"から始まるようにできますが、 同時に全てのカスタム設定がクリアになり初期設定に戻りますので定期的にすべきものではなく注意して行ってください。

    1. microSDを挿入したカメラとPCをUSB接続します。
    2. ルートディレクトリ(一番上)にroam_clr.txtの名前のテキストファイルを新規作成します。
    3. カメラを安全に取り外します。
    4. ステータスボタンを押してカメラの電源をオンにします。
    5. カメラのフォーマットボタンを使ってmicroSDカードをフォーマットします。

  • Q35. GPSが捕捉できているのに、Storytellerで動画を再生してもGPS情報が表示されない。

    古いバージョンのStorytellerに動画をインポートする際に、コンピューター のユーザー名や、 保存先のフォルダ名に日本語(2byte文字)が含まれている と、GPSデータが保存されません。 新しいバージョンのStorytellerを再インストールしていただくか、古いバー ジョンをご利用される場合は、以下の対処を行ってください。

    GPS情報を表示されるようにするには、Cドライブの直下に新たにフォルダを作成し(フォルダ名は半角英数字)、 【Storyteller】<【ツール】<【設定】より、インポート先のフォルダに指定して下さい。 <<< 参考画像はコチラ
    新たに作成したフォルダに、動画を移動または保存してGPS情報が表示されるかご確認ください。

  • Q36. Storytellerを実行すると「CONTOUR Storyteller は動画プレイヤーを初期化できません」という内容のエラーメッセージが表示され起動しない。

    以下の手順で解決する場合があります。

    1)Storytellerをアンインスールします。
    2)Quicktimeをアンインストールします。
    3)Quicktimeを再インストールします。(ダウンロードページ http://www.apple.com/quicktime/download/
    4)Storytellerを再インストールします。(ダウンロードページ http://contour.com/software/storyteller)

  • Q37. ContourROAM、ROAM2、ROAM3のバッテリーはユーザーで交換できますか。また交換修理サポートはありますか。

    ユーザーでの交換はできません。また、現時点ではバッテリーの交換修理は行っていません。

  • Q38. Contour+、GPSで最新のファームウェアにアップグレードしても拡張子が.MOVのままで.MP4にならないのですが。

    以下の手順でカメラの標準に設定できます。

    1)カメラとPCをUSB接続します。
    2)カメラの中のmicroSDのルートディレクトリになるFW_RTC.txtをテキストエディタ(メモ帳など)で開きます。
    3)UPDATE:N をUPDATE:D に変更します。
    4)FW_RTC.txtを保存します。
    5)カメラを安全に取り外してから、カメラの電源をONにしてテスト録画します。
    6)ファイルの拡張子が.MP4になっているか確認します。
    (※注)標準に設定すると、カメラ設定の値が初期設定に戻ります。

  • Q39. Contour+2に接続する外部マイクはプラグインパワー方式に対応していますか。

    Contour+2の外部マイク端子は、パワードポートではありませんので、プラグインパワー方式には対応していません。
    パワードマイクをご使用の場合は外部マイク用電源ソースが必要です。
    例えば以下のマイクは、プラグインパワー方式/バッテリー方式の両方に対応しておりますのでお使いいただけます。
    ※ただし、φ3.5からφ2.5の変換アダプターが必要です。
    http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=1067

pagetop